外為オンライン

外為オンラインは、「安定したシステム」「低コスト」「高いスワップ」の三拍子そろったFX業界の優等生です。
短期売買のデイトレにも、長期投資にもオススメ。
取引高も業界内でトップクラスとなっており、最近ではAKB48の大島優子を起用したCMで話題を集めています。

外為オンライン公式サイトへ

ドル円のスプレッドは「1銭」で原則固定

外為オンラインは、低コストで外貨が売買できるFX業者です。
手数料が無料なのはもちろん、ドル円のスプレッドが1銭の原則固定になっています。
FX業界には、1銭以下のスプレッドを提示しているところは他にもありますが、相場が乱高下するときにスプレッドが広がりやすい業者が少なくありません。

これに対して、外為オンラインはスプレッドが「原則固定」なので、為替相場の大きな変動時でも比較的安定しています。
FXで儲ける一番のチャンスは、何といっても相場が大きく動いたときです。
その点、外為オンラインなら安定的に低コストでの取引が可能です。

ただし、南アフリカ・ランドなど比較的マイナーな通貨の取引についてはスプレッドがそれほど狭くありません。
ドル円を中心とするメジャーな通貨ペアの取引を好む人にオススメです。

金利スワップも高い

外為オンラインは、スワップ金利も高い水準にあります。
通常、スプレッドが狭いFX業者は1日でポジションを手仕舞うデイトレ派の顧客を重視しているため、スワップ金利は低めになっている場合が多いです。
しかし、外為オンラインはスワップが高めに設定されており、外貨の買いポジションを長期にわたって維持する「スワップ派」の人にも向いています。

キャンペーンが充実

外為オンラインはキャンペーンが充実しています。
新規の取引口座を開設すると5000円がキャッシュバックされるなどのお得なキャンペーンを随時行っています。

安定したシステム

外為オンラインは、国内で年間取引高ナンバーワンの実績を誇る人気のFX業者です。
取引量が多いFX業者は、システムが不安定になりがちですが、外為オンラインの場合、システムの安定性は高く評価されています。

外為オンラインのシステムが好評である理由の一つは、相場が大きく変動しているときも約定のスピードが比較的速いからです。
他のFX業者が約定しづらいときも、外為オンラインならスムーズに取引が成立することがあります。
注文時と約定時の値が異なるスリップページ(すべり)も他の業者より少なめだとされています。
重要な指標の発表時にも「値が飛びにくい」との評判が多いです。
そういった意味からも、短期売買やデイトレに適したシステムだといえます。

外為オンラインはもともとシステム会社として誕生しました。
それだけに、技術力に対するこだわりは強く、サーバーの増強も随時行っています。
また、公式ホームページで現在のシステムの稼動状況をリアルタイムに見ることができるのも、外為オンラインのメリットです。

5年連続で日本トップの取引高

外為オンラインは、業界トップクラスの取引高を誇るFX業者です。
矢野経済研究所がまとめた国内のFX取引高調査では、2007年4月~2012年3月、5年連続でナンバー1となりました。
口座数もすでに30万を超えており、人気度はバツグンです。

そんな外為オンラインですが、実はFX事業に参入したのは2006年4月で、業界では後発組です。
にもかかわらず短期間で顧客を増やし、トップクラスに躍り出たのは、「コストの安さ」と「システムの安定性」に対する評価が高かったからです。

経営基盤が強いから安心

外為オンラインに預けた資産は、すべて三井住友銀行及びみずほ信託銀行で信託保全されます。
また、外為オンラインの親会社の「ISホールディングス」は、情報システムと金融を主力とする企業グループです。
同社は、外為オンラインのほか、「ひまわりホールディングス」「アイネット証券」「ライブスター証券」などの金融会社を傘下に抱えています。
グループ全体での収益面でも安定しており、他の多くのFX業者と比べても経営基盤は強固といえます。

「あなたの為の」大島優子

外為オンラインは、テレビなどで大々的にCMを流しているため、一般の知名度は高いです。
2012年12月からは、AKB48の大島優子をイメージキャラクターに起用。
「OSHIMA YUKOが、O$HIMA ¥UKOに」「大島優子、アイドルからアイ$へ」「大島優子、大島ユーロへ」などのキャッチコピーで、派手に宣伝をしています。

外為オンラインのメインのキャッチフレーズは「あなたの為の、外為を」です。
かなり以前から、テレビ東京系「ワールドビジネスサテライト」「モーニングサテライト」など人気番組のスポンサーとなっており、「あなたの為だから」と言って残業などを押し付けられるユニークなCMも有名です。

情報提供を強化

外為オンラインは、もともとは、「低コスト」と「システムの安定性」に重点に置いていたFX業者でした。
そのため、情報サービスやセミナーはあまり充実していませんでした。
しかし、最近では、情報提供にも力を入れており、アナリスト佐藤正和氏の外為レポートなどが好評です。

手数料

片道手数料 スプレッド
1万通貨 5万通貨 10万通貨
0円 0円 0円 1銭

サービス

マージン
コール
ロスカット
ルール
デモ
トレード
セミナー 24時間
入金
ネットで
出金
×

レバレッジ

初回入金額 取引通貨単位 最大レバレッジ
5,000円 1,000通貨 25倍

通貨ペア

通貨
ペア数
米ドル
ユーロ
ポンド
豪ドル
NZドル
ランド
トルコ
24 ×

モバイル

DoCoMo AU SoftBank

注文機能

成行 指値 逆指値 IFD OCO IFO 期日指定 トレール

会社概要

会社名 株式会社外為オンライン
設立 2003年4月28日
登録番号 関東財務局長(金商)第276号
本社所在地 東京都千代田区丸の内1-11-1
電話番号 0120-465-104
資本金 1億6,000万円

評判クチコミ

評価:いろいろ備わってる 2010/10/11

普通、スプレッドが狭いとスワップが大したことなかったりするけど、ここはスプレッドの狭さに加えてスワップも高いからありがたい。
デイトレか長期投資かで口座を使い分けるのが面倒だと感じる人にとってはかなり使える口座なんじゃないかな。
管理画面の使いやすさは人それぞれだと思うけど、個人的には結構いい感じ。

評価:マニュアルが分かりやすい 2009/02/25

システム操作に不安を持っていたのだが、戸惑いはするけどマニュアル読めば分かるレベル。
マニュアルはしっかりしていて分かりやすい。
デモから始めれるのも良い。

評価:条件がいい 2008/12/28

「条件がいい」の一言に尽きると思う。
スプレッド1銭固定は他を探してもまだまだ少ないし。
システムも安定しているし気に入っています。
スワップもわりと高めの方だし、決済せずに評価損益、証拠金への転用も出来るのが有難い。

評価:システムの安定してるところが一番! 2008/12/17

スプレッドの低い業者を何社か使ってみましたが、その中でも外為オンラインはシステムが安定していますし、機能面もシンプルでそれなりに使いやすいので満足しています。

評価:色んな業者を使ってみたが 2008/12/10

自分なりに色々調べて、デモ体験の出来るところで何社か試してみましたが、外為オンラインが使いやすかったので、ここを使っています。
使いやすさも満足していますし、手数料0スプレッド1銭固定と条件面も優れているので気に入っています。

評価:使いやすい 2008/10/29

月間取引高NO1というのを知り、試してみた。
さすが月間取引高NO1というだけあって、条件もいいし、使いやすい。
今ではこちらをメインに使っています。

評価:NEWSチャート機能が便利 2008/10/10

チャートが便利!
特に優れているのはNEWSチャートというもので、チャート上で大きな変化があった時、その時に起きた主なニュースを確認できる機能がある。
これはかなり便利で、為替が変動したら、その変動した時点をクリックすることで、そのとき起こったニュースが見れる。
なので、なぜ為替が上がったのか?または下がったのか?という分析がやりやすい。
過去のニュースと為替変動の結果を照らし合わせながら分析することも大事かと。
取引条件もいいし、システムも使いやすいので満足!

評価:業界トップクラスの取引高 2008/09/03

業界トップクラスの取引高を誇るだけあって、やはりサービス面はしっかりしていると思います。
今まで何社か使ってきましたが、ここは注文機能も充実していますし、操作性も良いです。
今はここをメインに使っています。

評価:初挑戦 2008/06/09

まったくの初心者なので、とにかくリスクを少なくしたいのが第一でした。
最終的に、説明が分かりやすく、証拠金が少なくて済むこちらに決めました。
手数料もありませんし、売りと買いの差額も少ないようなので、良心的な設定だと思います。

評価:コスト面重視なら・・ 2008/03/03

初めは違うところを使っていたのですが、何回か取引をするうちに取引時のコスト面が気になってきました。
そこで、取引時のコスト面の低い業者を探していたところ、外為オンラインはスプレッド幅が小さく、手数料が無料とコスト面が優れていたので口座開設しました。
前より、コスト面が減ったので、取引がやりやすくなりました。

評価
タイトル
内容

▲外為オンライン詳細ページTOPへ