ひまわり証券

ひまわり証券は、一般個人を対象とするFXを日本で最初に始めた会社です。
常に業界に先駆けて新しいサービスを投入し続けており、最近では、簡単に自動売買ができる口座が高い人気を集めています。

ひまわり証券公式サイトへ

日本におけるFXの元祖として業界をリード

ひまわり証券は、日本におけるFXの「元祖」です。
1998年に外為法が改正され、銀行以外の業者が外為を扱えるようになったのを受けて、同年10月に国内で初めてFXを開始しました。
当時、外貨投資は、銀行で1円、証券会社では50銭程度の手数料をとられていました。
しかし、ひまわり証券がFXを始めたことで、格安で外貨の売買ができるようになりました。

それ以来、ひまわり証券は価格やサービス面で常にFX業界をリード。
FXが国民にすっかり定着した今も、サービスの質の良さは健在で、初心者から玄人筋まで幅広い個人投資家に根強い支持を得ています。

自動売買ツールの「エコトレFX」が目玉

そんなひまわり証券が現在、目玉として打ち出しているのが、自動売買ツール専用口座の「エコトレFX」です。
自動売買ツールとは、コンピューターがプログラムに基づいて自動的に「売り」「買い」を判断し、取引をするシステムです。
トレードで勝つうえで妨げとなる人間の感情を排して、過去の相場の動きやテクニカル分析をもとにコンピューターが客観的に売買をしてくれます。
優れた自動売買ツールなら、放っておいても着実に利益を稼げるとされます。

これまで日本の個人投資家の間では、FXの自動売買ツールはあまり普及していませんでした。
その理由は、初心者には扱いが難しいからです。
システムをパソコン上に設定したり、日本語に対応していなかったり、とっつきにくい面がありました。

パソコンをONにしなくても自動で売買してくれる

そんなFX自動売買ツールの弱点を克服したのが、ひまわり証券の「エコトレFX」です。
エコトレFXは、難しい操作が一切不要で、ひまわり証券のサイト上に用意されたプログラムの中から好きなものを選ぶだけ。
あとは、ひまわり証券のサーバーが勝手に自動売買ツールを使って取引をして、結果を知らせてくれます。
もちろん、自分のパソコンの電源を切っていても、自動売買は行われます。

取引を始める際の手続きは「過去の実績は将来の利益を保証するものではありません」といった内容の規約に同意し、あとは自己責任で投資するだけです。

驚異の成績を出しているプログラムも

エコトレFXでは、100種類以上のプログラムが用意されています。
中には、驚異的な利益を出しているプログラムもあります。
過去の運用成績に加えて、どのような手法を使ったプログラムかがホームページ上に分かりやすく説明されているので、自分の気に入ったものを選びやすいです。

通常のレギュラー口座も好評

ひまわり証券は、自動売買ツールではない通常の口座(レギュラー口座)も用意しています。
長年のFXサービスで培った長年のノウハウがあるだけに、取引画面の使い勝手がたいへん良く、初めて使う方でも安心して取引を始められます。

情報提供が充実

ひまわり証券は、情報サービスが充実していることでも知られています。
人気アナリストの市場分析リポートのほか、無料WEBセミナーの配信、口座開設者であれば誰でも使えるテクニカルツールがありますので、FX初心者から上級者までトレードの参考になります。

外為オンラインと同じISホールディングス傘下

ひまわり証券の親会社である「ひまわりホールディングス」は、「株式会社ISホールディングス」の傘下に入っています。
ISホールディングスは、金融とITを得意とする複合企業(コングロマリット)で、ひまわり以外にも、「ライブスター証券」「外為オンライン」「アイネット証券」など多数の金融会社を保有しています。
2013年2月には、ISホールディングスがひまわりホールディングスに対してTOB(株式公開買い付け)を行うと発表。
今後、ISホールディングスの全面的なバックアップにより、さらなる事業拡大が図られる見通しです。

ISホールディングスは2007年以降の金融危機の下でも、着実に業績を伸ばし、日本の金融界では「台風の目」のような存在となっています。
ひまわり証券はリーマンショックの後に一時経営が悪化し、証券業務から撤退するなどリストラを進めましたが、ISホールディングスの傘下に入ったことで、財務基盤が一段と強固になると見られています。

手数料

片道手数料 スプレッド
1万通貨 5万通貨 10万通貨
0円 0円 0円 1銭

サービス

マージン
コール
ロスカット
ルール
デモ
トレード
セミナー 24時間
入金
ネットで
出金
×

レバレッジ

初回入金額 取引通貨単位 最大レバレッジ
0円 10,000通貨 25倍

通貨ペア

通貨
ペア数
米ドル
ユーロ
ポンド
豪ドル
NZドル
ランド
トルコ
24 ×

モバイル

DoCoMo AU SoftBank

注文機能

成行 指値 逆指値 IFD OCO IFO 期日指定 トレール

会社概要

会社名 ひまわり証券株式会社
設立 平成14年2月14日
登録番号 関東財務局長(金商)第150号
本社所在地 東京都港区海岸一丁目11番1号
電話番号 0120-86-9686
資本金 43億3002万8128円

評判クチコミ

評価:株からの移転 2009/10/23

長年にわたって株式投資をしてきましたが、最近は荒っぽい展開が多く悩まされてきました。
そこで一部の資金をFXに移し、実験的にスタートしてみたのですが、これは良いですね!

シンプルでトレンドの予想がつきやすいですし、株式で慣れ親しんだチャート類も想像以上に使えます。
なにより「紙くず」になる可能性が少ないので安心です。
一企業は簡単に潰れますが、通貨が無くなるってことはまず無いですから。

評価:サービスが微妙 2009/03/16

一応口座開設はしているけど全然使ってない。
今はサービスの良い業者がいっぱいあるしね。
悪くはないけど良くもないって感じ。

評価:サポートが良い 2009/02/20

いくつかの業者で口座開設をしていますが、ここが一番サポート良いです。
その点では初心者の方にはお薦めです!
ただやっぱり口座開設の手続きが他社より面倒臭い。

評価:感想 2009/01/11

スプレッドが広いです。通常時でもかなり滑ります。
なので、今は情報収集目的で利用しています。
取引ツールやチャート自体は決して悪くないのですが。。。

評価:情報収集用 2008/12/21

情報量の多さはピカイチ!
メールで配信してくれるのでいちいちサイトを見る必要が無く非常に便利で、セミナーも非常に勉強になります。
口座開設をするのに他の業者より若干手間が掛かりますが、今後入手出来る情報量を考えれば、少々面倒でも口座開設をしておく価値は十分あると思います!

評価:セミナーが充実 2008/10/07

セミナーが充実しています。
これからFXを覚えようっていう人にはいいと思います。
初心者だけでもなく、中級者・上級者向けのセミナーもあるので非常に勉強になります。
通貨ペアもメジャーな通貨からマイナーな通貨まで豊富にそろっているのでいいと思います。

評価:携帯での取引 2008/09/18

夜間警備のバイトをやってるんだけど、ぶっちゃけ給料安いし、実際モニター見てても何も起きないし、することもなくてヒマだし、ということで始めたFX。
携帯でも取引は出来るし、月によってはバイト代より稼げるし今では完全にハマってる。
FXをやると、どうしても経済にも詳しくなるし、そういう面でも良い。
あと、携帯での注意点だがFX業者によっては携帯に対応してなかったり、一部機能しか対応して無かったりとすることがあるので携帯が充実している会社を選んだほうが良い。
今まで利用してきた中だと、ひまわり証券が一番使いやすかった。
外出先でも為替は動いているのだから、やはりいつでも確認できる環境を作っておくことは重要だと思う。

評価:口座開設が面倒だけど 2008/08/01

ひまわり証券は、とにかく口座開設を完了させるまでが面倒。
ある程度FXについての知識がないと結構手こずるかな。
実際、自分も最初は戸惑ったし・・・
年収やFX経験によっては、FX基礎講座みたいなのをクリアしないと開設できないこともあるけど、ここでしか得られない役立つ情報とかもあるし、とりあえず開設はしておいた方が無難かも。。
FX業者の中では老舗だし、ツールとかも結構使いやすいんで。

評価:情報が早い 2008/07/20

・マーケットニュースが非常に早く、知りたい情報が得る事が出来る。
・特に経済指標の情報公開がどこよりも早い。
・システムが安定しているので操作上イライラさせられる事は無い。
・手数料が無料なので初心者でも始めやすい。
・通貨ペア数も豊富。
・スワップ金利もまぁ良い。
・口座開設が少々面倒。(その分内容がしっかりしている)
全体的にはバランスの取れているFX業者だと思う。

評価:口座を移転 2008/05/13

あまりPC操作になれていないためか、以前使っていた業者さんのシステムと相性が悪く、こちらに口座を移しました。
使いこなせているかは分かりませんが、個人的には十二分に満足しています。
前は操作性が悪く、肝心な時にタイミングよく注文できないことがあってイライラさせられましたが、ここに移ってからは、そんなことはありません。
取り引き自体に集中できるので、目に見えて勝率も上がりました。おすすめです。

評価
タイトル
内容

▲ひまわり証券詳細ページTOPへ