注文方法を比較

忙しくて為替レートのチェックが出来なくても、注文機能を利用して自動売買を行うことが出来ます。
使いこなせれば便利ですし、急な為替変動にも対応してくれるのでリスク対策にもなってくれます。
便利な注文機能を使いこなして、取引を有利に進めていきましょう。

用語解説

【成行】 現在のレートで売買を行う。
【指値】 今より有利な値段を指定して、その値段になれば自動売買を行う。
【逆指値】 今より不利な値段を指定して、その値段になれば自動売買を行う。
【IFD】 2つの注文を出し、1つ目の注文が成立したら2つ目の注文が有効となる。
【OCO】 2つの注文を出し、どちらか1つが成立したらもう片方の注文はキャンセルされる。
【IFO】 IFDの2つ目の注文がOCO。
【期日指定】 注文に有効期限を指定する。
【トレール】 レートに合わせて逆指値価格を自動修正する。

注文方法を比較(人気順)

順位 商品名 成行 指値 逆指値 IFD OCO IFO 期日
指定
トレール
1 外為オンライン
2 IG証券
3 マネーパートナーズ ×
4 ひまわり証券
5 みんなのFX
6 マネースクウェア・ジャパン
7 DMM FX
8 FXブロードネット
9 LION FX
10 外為ジャパン
11 ライブスター証券
12 マネックスFX
13 FXプライム byGMO ×