FXとは?

FXとは、Foreign Exchangeの略で、外国為替証拠金取引という意味です。
証拠金(保証金)を業者に預け、通貨の売買を行う取引のことです。

通貨の売買を行うことで収益を得ることができ、少ない資金でも取引が出来ることから、個人投資家の参入が増加しております。

FXで利益を上げる仕組み

テレビのニュースなどを見ていると、円高・円安ってよく聞きますよね。
FXでは、この円高・円安を利用して、利益を上げることが出来ます。

例えば、1ドルが100円だったとします。
このときに100円を出して1ドルを買ったとします。

そして、しばらくたって1ドルが110円になっていたとします。
このときに先ほど買った1ドルを売れば、110円が手に入ります。

つまり、1ドルを100円で買って110円で売るということなので10円の利益が発生します。
反対に、1ドルが90円になってしまったら、100円が90円になるので、10円損をすることになります。

もしも円高・円安が起こらなかったとしたら、為替が一定だったとしたら、利益を上げることは出来ません。
コンビニのレジに行って、100円を100円に両替してもらっても何のメリットもないのと同じことです。

あともうひとつ、FXで利益を上げるための方法として、金利で利益を上げることが可能です。
日本では、銀行にお金を預けていても金利がそれほどつきませんが、外国は日本ほど金利は低くありませんので、より金利の高い国の通貨を持つことで金利収入を得ることが可能です。
※FXでは、この金利のことを、スワップ金利といいます。

少ない資金でも取引が出来る

FXの特徴として、少ない資金でも取引が出来ることが挙げられます。
個人投資家が多いのも、「少ない資金でも始められるから」ということが言えると思います。

100万円や1,000万円といった大金を用意しなくても、1万円程度の資金でも取引が可能です。
1万円程度の資金を証拠金とし、レバレッジを使うことにより、その何倍もの金額の取引をすることが可能です。

為替というのは、株などと違いそんなに大幅には変動しない特徴があります。
ですので、手持ちの少ない金額だけで取引をすると、収益が出たとしても、ごくわずかな金額にしかなりません。

ですので、FX業者がお金を貸してくれるのです。
1万円程度の資金を用意すれば、10万円や100万円といったお金を用意してくれます。
そして、そのお金で取引をすることが出来ます。

100万円分の取引をした場合、1ドル100円でドルを買って、1ドル110円で売ったとすると、10万円儲かることになります。
為替が10円動いただけで、これだけの収益になります。

FXのリスク

さて、ここまでは主にFXの魅力を中心に説明してきました。
しかし、株でも不動産でもそうですが、投資には必ずリスクが存在します。
それはFXでも同じです。

FXで儲けるということは、為替の変動で儲けるということなので、当然これが良い方向に進む場合もあれば、自分の予想とは反対に進む場合もあります。
また先ほど、少ない資金でその何倍もの取引が出来ることを説明しましたが、それは同時にリスクも膨らむということになります。

1ドル100円のときに1万ドル(100万円分)を買って、1ドル110円のときに売れば10万円の収益です。
しかし、為替がマイナスに進んで、1ドル90円になってしまったら、10万円の損失です。
プラスの事ばかりではなく、マイナスの可能性があることも十分考えておく必要があります。

リスクを十分理解した上で投資をすれば、株や不動産と比べてもFXはそれほど危険性はありません。
とはいえ、リスクはリスクとして存在していることには変わりませんので、リスクをしっかり認識した上で取引を行うようにしましょう。