ファンダメンタル分析とテクニカル分析

通貨の値動きを予想する方法として、ファンダメンタル分析とテクニカル分析という方法があります。
値動きを予想するには、状況に応じて両方の分析を生かすことが重要となってきます。

ファンダメンタル分析について

ファンダメンタル分析とは、経済状況などから分析し値動きを予想することです。
金利が上がったから値動きも上昇するだろうとか、貿易が赤字に傾いているから値動きは下降するだろうとか、そういったことを総合的に分析して値動きを予想することです。
他にも景気の動向や経済指標の発表、また突発的に入るニュースなども値動きに影響するので、こういった数多くのことを総合的に分析して値動きを予想します。

このように言うと、難しそうに聞こえるかもしれませんが、「GWは海外に行く人が多いので円売りが進むだろう」とか「オリンピック開催地にはたくさんの人が集まるから通貨もたくさん買われるだろう」というように分析するのもファンダメンタル分析の1つです。

値動きの原因となるものが分かれば、その後の状況の変化などにも対応しやすくなります。
どういった事が値動きに影響しやすいのか、またどの程度影響するものなのか、というのは経験の少ない初心者の方ほど分かりにくいでしょうが、何度か経験を積み重ねていくうちに、その経験は生かされてくるでしょう。

ただ、短期的な取引だと、ファンダメンタル分析では説明がつかないものもあります。
経済指標の発表直後などで短期的に変動が起こる場合もありますが、一時的に大きなお金が動いて変動が起こる場合もありますので、全てがファンダメンタル分析で説明がつくとは限りません。
中長期的な取引ほど、ファンダメンタル分析の要素が重要になってきます。

テクニカル分析について

テクニカル分析とは、チャートから値動きの流れを分析しながら先行きを予想することです。

例えば、ある一定の範囲で値動きが上がったり下がったりと何度も同じ動きを繰り返していたとしましょう。
そして値段が下がったときに、「また上昇するだろう」と予想したとします。
このように、チャートから値動きを予想することを、テクニカル分析といいます。

ファンダメンタル分析は経済状況などから値動きを予想するのに対し、テクニカル分析はチャートの動きから予想するものなので、初心者の方ほどテクニカル分析を好む傾向にあるようです。
というと、テクニカル分析は初歩的な分析方法のように捉われるかもしれませんがそうでもなく、むしろデイトレのような短期取引ほどテクニカル分析の要素が重要になってきます。

ただ、冒頭でも説明したように、どちらか1つだけの方法を使うのではなく、両方の分析を生かしたほうが効果的ですので、ファンダメンタル分析の要素も入れつつ、分析に生かすといいでしょう。