移動平均線からトレンドを読む

過去の一定期間の終値平均値をつないだ線、これを「移動平均線」といいます。
移動平均線から、現在どのようなトレンドとなっているのかを判断することが可能になります。
移動平均線の中にもいくつか種類はあるのですが、最も一般的なものが単純移動平均線というものです。

移動平均線とは?

移動平均線は直近終値を合計し期間で割るという方法で求められます。
例えば、期間が20日間であれば、「直近の20日間の終値合計÷20」ということです。
このように毎日の平均を計算し、出てきた値を線で結んだものが移動平均線です。

移動平均線の特徴は、日々のジグザグした価格の動きを滑らかにできることです。
こうすることによって、一瞬の動きに惑わされずに、トレンドの動きが確認しやすくなります。

移動平均線が上向きなら上昇トレンド、移動平均線が下向きなら下降トレンドだと判断できます。
ただし、移動平均線の動きは、実際の動きから遅れて動くという性質もあるため、シグナルを発するのが遅いという特徴も持ち合わせています。

移動平均線では、期間が短ければ短期トレンドを、期間が長ければ長期トレンドを確認できます。
この性質を利用して、「短期線」「中期線」「長期線」というように期間の長さで区分していきます。
そして、これらの移動平均線と実際の価格との比較を行ったり、期間の異なる移動平均線を組み合わせたりして、現在のトレンドを見極めるのに活用します。

移動平均線から売買サインを読み取る

移動平均線を読むことで、様々なサインを読み取ることができます。

<買い>
・ 値段が移動平均線を上回ったとき
・ 短期線が長期線を上回ったとき(ゴールデンクロスと呼ばれる買いのサイン)

<売り>
・ 値段が移動平均線を下回ったとき
・ 短期線が長期線を上回ったとき(デッドクロスと呼ばれる売りのサイン)

トレンド転換に敏感な短期線は、ほんの少しの値動きにも反応するので、時に「ダマシ」と言われる間違ったシグナルを出してしまうことがあります。
一方、長期線は短期線とは違い、価格変化が緩やかになっていますから、トレンド変換に鈍感という特徴があります。

短期線に頼る、長期線に頼るなど一つに固執して為替を読むのではなく、組み合わせることによって、適切な売買サインを読み取ることが必要です。