ボリンジャーバンドを活用する

為替レートはこちらの予測と反した動きを見せることが時折あります。
しかし、チャートを見つめているとその動きを予測することができるときもあります。

その推測を理論化したのが「ボリンジャーバンド」です。

ボリンジャーバンドとは?

ボリンジャーバンドは、アメリカのジョン・ボリンジャー氏が発案したものです。
移動平均線に予測変動率の概念を取り入れて発案した分析方法で、多くのトレーダーがこのテクニカル分析を利用しています。

ボリンジャーバンドは、3本の線によって構成されます。
まず、真ん中の線が、移動平均線。
そして、この移動平均線の上下に「バンド」と呼ばれる線が引かれます。

この上下の2本の線は、何を示している線かというと、価格がこの2本の線の間に収まる確率が高いということを示している線です。
ボリンジャーバンドの設定値によって確率も変わってくるのですが、一般的な設定である「2σ(シグマ)」という設定値を用いた場合は、95.5%の確率で上下のバンド内に収まるとされています。

値動きの激しいときほど上下バンドの幅は広くなり、安定しているときほど狭くなる特徴があります。

ボリンジャーバンドの活用方法

ボリンジャーバンドを活用すると、価格が上下どちらかのバンドに達したときに「そろそろ反転しそうだ」と予想を立てることができます。
「確率を信用する」という手法です。

ただし、強いトレンドが発生した場合は、そのまま動いていくこともあるので注意が必要です。
こういう特徴もあるので、ボリンジャーバンドは、レンジ相場に強いと言われています。

また、上下のバンドの幅が狭くなってきた、値動きが小さくなってきたというときには、為替が大きな動きを見せる前兆だと言われています。
ボリンジャーバンドをいきなり突破し、新しいトレンドを形成するという動きを見せることもありますから、注視しておくことは非常に重要なポイントになります。

上下バンドの幅が狭くなっている、広がっているということをよく見極め、為替相場が一気に動く可能性を探ることができるのが、ボリンジャーバンドです。