その他

ここでは、FXをするにあたって知っておきたいその他情報をまとめております。
是非、お役立てください。

コンテンツ一覧

通貨コード一覧
通貨コードを見ても、どの通貨を示しているのか分からないときってありますよね。
主要通貨は分かってもマイナー通貨になると分からなかったり、特に始めのうちは迷うことも多いでしょう。
通貨コードの一覧表をまとめておきますので、分からないときは是非参考にしてください。

FXの無料セミナーに参加する
FX業者の中には、定期的にセミナーを開催している業者がいくつかあります。
FX業者のシステムの使い方から、書籍などでは知ることが出来ない貴重な情報まで、セミナーの内容は幅広く実施されていますので、是非活用してみてください。

なぜFX業者は手数料を無料に出来るのか?
以前は、手数料無料というと珍しかったのですが、今では手数料無料が当たり前のようになってきています。
利用者にとっては嬉しいことですが、なぜ手数料無料でやっていけるのでしょう?
ここでは、FX業者の利益のカラクリについて説明していきます。

スプレッドが狭くても注文がすべれば意味がない
画面をにらみ、89.88円…89.87円…89.86円…と下がってきて、「89.85円!ここだ!」と買ボタンを押したのに、約定したのは89.87円ということがあります。
「スプレッド(売買価格差)1銭!」とうたっていても、注文と約定が2銭、3銭とズレてしまったら意味がありません。

レバレッジ規制について
レバレッジはFXの最大の魅力といわれています。
レバレッジとは、元手が少ない状況でも、やり方によってはその何倍もの金額で取引できるFXのルールです。
そのレバレッジに規制が入ります。

信託保全の義務化について
FX業者が倒産した場合、投資家が預けていたお金はどうなるのでしょう。
法律によれば、全額が戻ってくることになっています。
FX業者は、顧客の資金をすべて「信託保全」することが国の省令で義務付けられているためです。

ヘッジファンドって何?
FXに参加していると、「ヘッジファンドの動きにより~」などと、マーケットニュースで目にすることになるでしょう。
何やら相場の動きを左右しているようですが、そもそもヘッジファンドとはどういったものなのでしょう。

IMF(国際通貨基金)とは?
リーマンショックで世界経済が不況になって以来、なにかと話題にのぼるIMF(国際通貨基金、International Monetary Fund)。
最近では、債務危機に陥ったイタリアがIMFに支援を申し出たことが記憶に新しいところです。

インターバンク市場と対顧客市場
外国為替市場には、インターバンク市場と対顧客市場の2つの市場が存在します。
両者とも為替取引を行う場ではありますが、取引の仕組みや条件は大きく異なります。

円高になるとなぜ不況になるの?
円高になると、海外のものは安く購入でき、海外旅行も安く行けるようになるので、我々日本人にとっては好都合のように感じます。
でも、なぜ円高が不況の原因になってしまうのでしょうか?

インフレ、デフレとは?
インフレとは、モノが値上がりしていくことで「インフレーション」の略です。
デフレは、逆にモノが値下がりしていくことで「デフレーション」の略です。

円相場の歴史(1)
現在、ドル円の為替相場は日々変動していくのが当たり前と思われていますが、かつては固定相場制だったこともありました。
おカネの基本を確認つつ、歴史的なトピックを見ていきましょう。

円相場の歴史(2)
為替相場は自由な市場に委ねられるべきですが、行き過ぎた自由はマネーゲームとも通貨戦争とも呼ばれる暴風を引き起こし、一国の経済が吹き飛ぶような事態にもなりました。
円相場もその中で翻弄され続けています。

バブル景気の原因
一般的に1986年12月から1991年2月までの4年3ヶ月をバブル景気と呼びます。
土地や株が上がり続け、使っても使い切れないほどのお金があふれてくると信じられていた狂乱の時代。
どうして、このようなことが起こったのでしょうか?

バブル崩壊の原因
永遠に続くかに思えたバブル景気の崩壊は、日本に大きな傷跡を残しました。
バブル経済の象徴である不動産や株価の下落は、起こるべくして起こったことにも思えますが、影響はそれに留まらず長期にわたる経済不況としてのしかかっています。

サブプライムローン問題が為替に与えた影響
為替にも大きく影響したサブプライムローン問題。
それまでの円安傾向から一転、急激な円高へと傾きました。
ではなぜ、サブプライムローン問題が円高の要因となったのでしょう?

ギリシャショックが為替へ与えた影響
2010年の春、ギリシャの財政不安はユーロ圏全体、さらに世界経済を巻き込んだ大混乱を引き起こしました。
ギリシャは歴史も長く世界的に有名な国家ですが、財政規模はアジアなら台湾やタイ、日本なら神奈川県と同じくらいで決して大きいわけではありません。
なぜこのような大騒動に発展したのでしょうか。

東日本大震災で円高になった理由
2011年3月11日に発生した東日本大震災の後、日本円は米ドルに対して買われ、3月17日早朝には一時1ドル76円25銭と史上最高値を更新しました。
一般的なイメージでは、災害で経済が破壊されれば、その国の通貨は売られて安くなりそうなものなのに、なぜ急激な円高が起こったのでしょうか。

確定申告について
1年間の利益が一定のラインを超えると、確定申告をする必要があります。
サラリーマンにとっては馴染みの無い確定申告かもしれませんが、「知らなかった」では済まされませんので利益が出た場合はちゃんと申告するようにしましょう。