取引について

FXの基礎知識やリスクを理解したら、次は実際に取引をしてみましょう。
最初のうちは見慣れない機能もあって戸惑うかもしれませんが、それほど難しいものではありません。

コンテンツ一覧

取引の流れ
FXの取引について、日常で身近な米ドル/日本円(USD/JPY)を例に挙げ、基本的な説明をします。
初心者でも安心、スムーズにスタートする方法とは。

為替レートの見方
実際の取引では、為替レートに表示されている金額で取引を行うことになります。
最初のうちは見慣れてないので戸惑うかもしれませんが、それほど難しいものではありません。

チャートの見方
チャートとは過去の値動きをグラフにしたものです。
過去の値動きから為替がどちらの方向に動いているのか把握できるので、今後の動きを予測する手がかりになります。

注文方法の種類
FXには様々な注文方法があります。
どのような機能があるかというと、注文を出す際に「買う・売る」だけではなく、「いくらになったら買う・売る」といった注文の予約ができます。

取引時間はいつからいつまで?
外国為替市場は常にどこかが開いているといいますが、FXは24時間365日、いつでも取引できるのでしょうか?

為替が最も動く時間帯
為替マーケットは24時間動いていますが、値動きが活発な時間帯と、そうでない時間帯があります。
24時間、常に監視することは事実上不可能ですし、特徴は知っておいた方が取引に有利です。

各月の相場の傾向
各国の決算期や習慣に違いがあるため、為替相場もその影響を受けることがあります。
一般的な傾向として頭に入れておきましょう。

利食いと損切りのタイミング
「ポジションの取得タイミング」以上に悩むのが、「ポジションの決済タイミング」ではないでしょうか。
将来的に上昇・下降する可能性はどちらもありますし、かといってずっと先伸ばしにするわけにもいきません。
ここでは、利食いと損切りのタイミングについて説明します。

「塩漬け」「ナンピン」は危険
FX取引では、絶対にやってはいけないと言われていることがあります。
それは、「塩漬け」と「ナンピン」です。
以下、それぞれ詳しく説明していきます。

自分に合ったスタイルで取引しよう
大きくFX取引とくくっていますが、FXの中には多くの取引スタイルがあり、それぞれ別の投資と言っていいほどの違いがあります。
また、資金量や取引する時間・期間と、投資姿勢には密接な関連があります。
長期、中期、短期という切り口から、自分にあったスタイルを見つけてください。

情報収集はどうやって行う?
安定したFX取引のためには、正しい知識や情報を得ることが重要です。
副業として行う場合には、更に「効率よく」集めることも必要になるでしょう。
情報収集のアイデアをまとめます。

モバイル取引について
最近では色々なことにモバイル(携帯電話)が使えますが、FXでもほとんどの業者でモバイル操作が出来るようになっています。
モバイルにはモバイルの利点もあるので、普段パソコンしか使っていない方も是非利用してみてください。

自動売買ツールについて
自動売買ツールは、事前に設定されたプログラムに基づいて「売り」「買い」の投資判断を行い、取引する手法です。
人間の主観的な判断に左右されることなく、客観的なデータだけに基づいて取引することで、より着実な利益確保が期待できます。

為替が変動する理由(1)
歴史を少し振り返っただけでも、戦後1ドル360円だった米ドル/日本円の相場は、1ドル240円、1ドル120円、1ドル80円と大きく変動してきました。
なぜ為替は大きく変動するのでしょうか。

為替が変動する理由(2)
「為替が変動する理由(1)」では、主に実需による為替変動のメカニズムを見ましたが、単純な理詰めだけでは説明しきれないのが、為替の難しさであり、また面白みでもあります。
素人目には意味不明に思えるような動きや、突発的に為替が変動する要因を確認していきましょう。