各通貨の特徴

通貨にはそれぞれ特徴があります。
通貨の特徴を知っておくことで、為替の値動きを分析するのに役立ちます。
全通貨の特徴を覚える必要はありませんが、自分の取り扱う通貨くらいは知っておいたほうが良いでしょう。

米ドル

世界で最も使われている基軸通貨です。
私たち、日本人にも身近な通貨です。

米ドルの値動きは、国外や国内の政治や経済の状況に影響することが多いです。
また、米ドルの値動きは、他国の通貨の値動きにも影響を及ぼします。
他国の通貨を取り扱う際にも、米ドルの値動きには注目しておいたほうがいいでしょう。

ニュースなどでも、円高ドル安・円安ドル高と毎日放送されていますし、情報は十分入ってくるので、一番取り扱いやすい通貨と言えるでしょう。

ユーロ

EU圏で共通通貨として使われている通貨で、米ドルに次ぐ第二の基軸通貨です。
1999年に導入が始まったばかりで、歴史は浅いですが、EU加盟国の多くの国で使われています。

ユーロは一国で使われているのではなく、複数の国で使われていますので、経済状況が掴みにくい特徴がありますが、主要国であるドイツ、フランスなどの経済状況に影響されることが多いです。
また、ユーロの値動きは米ドルと反対の値動きをすることが多いです。

今後もユーロ導入国は増えていくでしょう。
ユーロ導入国が増えるにつれ、基軸通貨としての存在感も高まっていくでしょう。

英ポンド

イギリスの通貨です。
外国の通貨に詳しくない方は、初めて聞く通貨かもしれませんが、世界大戦前は基軸通貨として扱われていた通貨です。

特徴としては値動きが激しく、短期トレードを好む方には人気があるようです。
同じEU圏内ということで、値動きはユーロと連動して動くことが多いので、ユーロの値動きにもチェックしておいたほうが良いでしょう。

豪ドル

オーストラリアの通貨です。
オーストラリアは、金や石炭などが取れる資源国です。
そのため、商品価格との連動性が非常に高い通貨です。

経済も安定しており金利も高いので、スワップ派にも人気の通貨です。

NZドル

ニュージーランドの通貨です。
ニュージーランドは肉類や農作物の輸出が盛んな国で、近隣のオーストラリアが最大の貿易相手国なので、豪ドルの値動きに影響されることが多いです。

豪ドルよりも金利が若干高めで、こちらもスワップ派には人気のある通貨です。

南アフリカランド

南アフリカの通貨です。
南アフリカは世界一の金産出国なので、金価格の変動に影響を受けることが多いです。

金利が高くスワップ派に人気のある通貨ですが、値動きが激しいので長期計画の場合は為替の変動に気をつけておいたほうがいいでしょう。
どちらかというと、マイナー通貨に当たるので、FX業者でも取り扱っていない業者は多いです。

トルコリラ

トルコの通貨で、特徴は高金利通貨であることです。
高金利通貨は魅力的ですが、他の通貨に比べ情報量が落ちるので扱いが難しいかもしれません。
FX業者でも取り扱っている業者は少ないです。

スイスフラン

スイスの通貨です。
スイスは永世中立国ということもあり、テロや戦争などが起こったときに買われる傾向にあるようです。
デイトレなど、短期トレードを好む投資家に人気のようです。