「塩漬け」「ナンピン」は危険

FX取引では、絶対にやってはいけないと言われていることがあります。
それは、「塩漬け」と「ナンピン」です。

以下、それぞれ詳しく説明していきます。

塩漬け

塩漬けとは、評価損が出ている段階で元の価格まで戻るまでそのままにしておくことをいいます。

<例>
1ドル=100円時に買ったドルが90円まで下がる。
この時点で決済すると損失が確定してしまうので、元の価格に戻るまで決済せずにそのままにしておく。

このやり方は、上手くいけば損失を出さずにすみますが、損失がさらに膨らんでいく可能性もあります。
そして、評価損が一定のラインを超えてしまうと、ロスカット(強制決済)になります。

ロスカットを回避するためには、証拠金を追加入金する必要がありますが、運良く相場が元に戻ったところでプラスマイナスゼロです。
逆に失敗した場合は、大きな損失を負うことになります。

ナンピン

ナンピンとは、評価損が出ている段階で同じポジションを買い増しすることをいいます。

<例>
1ドル=100円時に買ったドルが90円まで下がる。
「100円まで戻るには無理があるけど95円までなら戻るだろう」と予想し、安くなったドル(90円)を追加購入。
相場が予想通りに動けば、最初のポジションは「100円 ⇒ 95円」で損失になるが、追加購入したポジションは「90円 ⇒ 95円」の利益になるので、トータルでプラスマイナスゼロになる。

一見すると便利に見えるかもしれませんが、取引額を倍にしているだけなのでリスクも倍になります。
予想と反対に動いた場合、損失額は倍のスピードで増えていきます。

マイナス回避のための取引は避ける

「塩漬け」「ナンピン」は、両者ともマイナスを回避するために行う手法です。
しかし、マイナスを回避するための取引は失敗することが多いです。

マイナスを回避しようとするより、マイナスを小さく抑えることのほうが重要です。
マイナスが膨らんでいくと決済したくない気持ちが強まるので、回避しようと「塩漬け」や「ナンピン」の行動に出てしまうことが多いです。

上手くいったところでプラスマイナスゼロであれば、早めに損切りをしてしまったほうがメリットは大きいです。
何よりリスクの大きい取引は、精神的にもよくないです。