デモトレードからはじめてみよう

FXを試してみたいけどリスクが怖くてなかなか踏み出せないという方は、多いのではないでしょうか。
FXにリスクはつきものですが、初めから無理にリスクを背負う必要はありません。

リスク0から始めたいなら、デモトレードから始めてみることをお勧めします。
デモトレードは、お金を一切払うことなく仮想取引が行えますので、「とりあえず試してみたい」という方にピッタリです。

デモトレードは仮想取引

デモトレードとは、その名の通り仮想取引のことです。
仮想取引といっても、お金だけが仮想であって、為替レート、スワップ金利などその他は本当の取引と同じ環境です。(※業者によって多少異なる場合もあります。)
取引では仮想の数字が動くだけですので、失敗しても何の損失もありません。

デモトレードの利用は、もちろん無料です。
遊ぶのも良いし腕試しに利用するのも良いし、使い方は自由です。

デモトレードで色んなことを試してみよう

知識を身につけることも重要ですが、実際に体験してすることも重要なことです。
特に初めての方の場合、システムの操作面に苦戦すると思います。

電気製品の操作もそうですが、説明書をちゃんと読んでから使用する人と、とりあえず使ってみて分からなければ説明書を読む人がいますよね。
後者のタイプの人は、是非デモトレードから始めてみてください。
システムの全てが分からなくても、何となく分かる部分が多いのもあるので、ある程度は操作できると思います。

デモトレードであれば、どんな使い方をしても怖くありません。
実際の取引だと怖くて出来ないことも、デモトレードであれば試すことが出来ます。
システムの操作に慣れることも重要なことですので、注文方法の出し方など色んなことを試してみてください。

もし希望の業者にデモトレードが無ければ、違う業者のデモトレードを触ってみるのも良いでしょう。
どの業者もシステム操作には似ている部分があるので、1社使い方が分かると他の業者のシステムにも対応しやすくなります。

デモトレードで慣れてきたら

デモトレードで慣れてきたら、今度は本当の取引をしてみましょう。

ただし、「デモトレードと本取引では心理状況が異なる」ということを覚えておいたほうが良いです。
本当の取引になると「損をしたくない」という気持ちが強まるので、デモトレードでやっていた時より損切りを出すタイミングが遅れてしまったり、心理状況が取引に影響することがあります。

デモトレードは勝っても負けても損得がありませんので適当にしてしまう方がいますが、自分の本当のお金だと思って取引しないと練習にはなりません。
「デモトレードでは勝てたのに、本当の取引となると負けてしまった」というのは、よくある例です。
本当の取引でも、デモトレードのときと同じように取引をしないと経験を活かすことは出来ません。

・・・といっても、デモトレードと本取引では心理状況が異なるので、同じように取引を行おうしても、それは正直難しいことだと思います。
ですので、デモトレードに慣れた次は、少額で本当の取引をしてみることをお勧めします。
デモから初めて、次に本当の取引を少額でやってみて、そして慣れに応じて徐々に取引金額を増やしていくのが安全な方法ではないでしょうか。