なぜFX業者は手数料を無料にできるのか?

最近では手数料無料の業者が増えています。
以前は、手数料無料というと珍しかったのですが、今では手数料無料が当たり前のようになってきています。

利用者にとっては嬉しいことですが、なぜ手数料無料でやっていけるのでしょう?
FX業者もボランティアで運営しているわけではありませんので、利益がないと会社として存続することは出来ません。
どこかで、利益を獲得しているはずです。

ここでは、FX業者の利益のカラクリについて説明していきます。

FX業者の利益について

FX業者の利益の説明の前に、まず八百屋の利益について考えてみましょう。
カラクリは同じようなものです。

りんごを100円で仕入れて、顧客に110円で売ったとします。
この場合、10円の利益になります。
このように八百屋は、物を売買した差益から利益を生み出しています。

FX業者もこのカラクリと同じです。
通貨を売買した差益から利益を生み出しています。

顧客がドルを買いたいと言ったら、インターバンクからドルを仕入れてきて顧客に売ります。
100円でドルを仕入れて、100.01円で顧客に売れば、0.01円の利益です。

顧客がドルを売る場合も同じで、インターバンクにドルを売って100円になるのであれば、顧客から99.99円で買い取れば、0.01円の利益です。
つまり、手数料で利益を狙わなくても、顧客との取引金額を調整することによって利益を獲得することが出来るのです。
スワップ金利も同様に、FX業者は利益分を徴収しています。

FX業者にとってみれば、大きな金額での取引を行ってくれればその分利益に繋がります。
高倍率のレバレッジを設定できる業者は多いですが、FX業者にとっても高レバレッジで取引金額を大きくしてくれれば、それだけ利益に繋がるのです。

スプレッドについて

買値と売値の差分のことを「スプレッド」と言います。
買値が100.01円で売値が99.99であれば、スプレッドは「買値(100.01円)- 売値(99.99円)= 2銭(0.02円)」となります。
なお、スプレッドの金額については、「高い」「低い」という言い方はせず、「広い」「狭い」と一般的には言われていますので、当サイトでもその表現を行います。

スプレッドが広いほど、FX業者が利益を抜いてるということになります。
反対に、スプレッドが狭いほどFX業者の利益は少ない、利用者にとってはコストが減る、ということになります。

スプレッドは、ここ最近ではどんどん狭くなってきています。
以前は、もっと広かったのですが、最近では1銭の業者も存在するようになってきました。
FX業者の数も増えましたし、価格競争になっているのでしょう。

取引コストは「手数料 + スプレッド」で考える

手数料は、利用者にとっては、無いほうが望ましいです。
しかし、手数料無料だけで、低コストだと判断するのはまだ早いです。

スプレッドもコストの一部です。
買値と売値は同じではありませんので、1ドル=100円で買って、即売ったとしても100円では売れません。
99.99円、99.98円というように値段は若干下がります。

つまり、取引を行った時点で、マイナスからスタートしているわけですので、取引コストを考えるときは「手数料 + スプレッド」で考えるべきです。

参考に、コストについて計算してみましょう。

<手数料無料、スプレッド4銭>(1万通貨の取引)
手数料(0円)+スプレッド(0.04円 x 10,000)=400円

<手数料100円、スプレッド1銭>(1万通貨の取引)
手数料(100円)+スプレッド(0.01円 x 10,000)=200円

必ずしも手数料無料が有利ではないということが分かります。

スプレッドは変動する

スプレッドは一定ではなく変動するものです。
業者によって、変動幅が広かったり、為替が急変動する場合などは、スプレッドも広くなります。

スプレッド業界最高水準として評価されている外為オンラインでは「スプレッド1銭固定」が好評ですが、こちらも完全に固定ということではなく為替が急変動する場合などはスプレッドも広くなります。
といっても、やはり「固定」をPRしていることもあって、他者より安定性はあります。
※外為オンラインは取扱高日本一の業者です。

スプレッドは通貨ペアによって幅が異なる

取引を行う通貨ペアによって、スプレッドは異なります。
よく「スプレッド○銭!」と書かれていることが多いですが、あれは「米ドル/円」のスプレッドです。

「米ドル/円」のような頻繁に取引される通貨ペアはスプレッドも狭いのですが、あまり取引されていない通貨ペアほどスプレッドは広い傾向にあります。
「米ドル/円」のスプレッドが狭くても、他の通貨ペアが広い場合もありますので、スプレッドを重視するのであれば他の通貨ペアについても確認しておいたほうがいいでしょう。