FXの歴史

今でこそ比較的安全に取引できるようになったFXですが、ここに至るまでには様々な紆余曲折がありました。
常にダイナミックな変化にあふれ、そのたびに進化してきたFXの歴史を見ておきましょう。

悪徳業者との戦い

FXの始まりは、1998年4月に施行された改正外為法と密接に関係しています。

それまでの外為取引には厳しい規制があり、個人が勝手に取引するなど考えられない状況でした。
しかし、金融ビッグバンと共に外為取引は基本的に自由化され、銀行に外貨預金が誕生したのもこの時です。
今で言うところのFXにも、多数の業者が参入し始めました。
商品先物業者、証券会社、海外の専門業者───そして、詐欺師たちまで。

自由化は健全な競争を促すはずでしたが、FXはあまりに新しすぎ、また自由すぎました。
当時のFXは、全くと言って良いほど規制がなかったのです。
多額の資金を扱うにも関わらず誰でも参入できたため、業者が倒産すると預けた証拠金まで消えてしまったり、ひどい場合は初めから持ち逃げする気の人間までいる始末です。

FXの広がりと歩調を併せるように急増していく被害に、金融庁が重い腰をあげ、2005年7月にはついに「金融先物取引法」が改正されました。

・ FX業者の審査登録制
・ 不招請勧誘の禁止(無理に勧めてはいけない)
・ 適合性の原則(取引に不適切な人に勧めない)
・ 自己資本規制(業者の最低資本金を制限)
・ 外務員の登録制

などが主なポイントですが───それまでは「業者の登録審査もせず、社員が誰か把握しておらず、無理やり勧めても法的にはOK」だっということですから、いかに悪徳業者が多かったかも想像がつくでしょう。

事実、この法改正によって、あからさまな悪徳業者は消えていきます。

不健全取引との戦い

便利で気軽なオンライントレードの普及に伴い、業者間では顧客の争奪戦が起きました。
より多くの人に取引をしてもらうため、様々な取り組みがなされたのです。
スプレッドの縮小や、使いやすい取引画面、無料情報、便利なツールなどの提供が進み、利用者からも歓迎されました。

一方で、過当競争による無理な条件提示は、利用者に不利益をもたらすこともあったのです。
例えば、レバレッジの拡大は、その代表とも言えるでしょう。

大きいレバレッジをかけられれば、少額の証拠金で、大きな取引をすることができます。
仮に1,000倍のレバレッジなら、1万円で1,000万円相当の取引ができるわけです。
これは幸運に恵まれたFX長者を産む一方で、一晩にして全財産を無くす人も出してしまいました。

また、FXの拡大期が、ちょうど円安局面だったことも、初心者被害の急増につながりました。
2005年から2007年にかけて、低金利の円を売って、高金利通貨を買う「円キャリートレード」が進みましたので、預金感覚で外貨を買っていれば、スワップポイントは入るし、キャピタルゲインは増えるしと、二重に美味しい状態だったのです。
円資金がドンドン放出されるので、架空の投資主婦「ミセス・ワタナベ」なるものも登場しました。

しかし、サブプライム問題をきっかけに、流れは急激な円高へ。
金利差も縮小して、それまでの投資法は全く通用しないどころか、大損失を被る投資家が激増したのです。

いずれのケースも、外為取引はプロが行うものという前提があったため、FXを良く理解していない初心者が、無茶な注文をしたり、急激な変化に対応できないということを想定していなかったのです。

その後、2007年9月には「金融商品取引法」が改正。
ロスカット(損失限定のための強制決済)ルールの整備と順守、レバレッジ規制など、個人投資家を間接的に保護する規制が、矢継ぎ早に打ち出されました(プロである法人は対象外)。

これらの規制強化は、自由競争を妨げるものに見えるかもしれませんが、大きな事故や自己責任を超えるような不健全取引を、ある程度は防げるようになったのです。

公正性の拡大

業者と個別取引をしているような既存FXに対し、市場直接取引に近い「くりっく365」の登場により、利用者の選択肢が更に増えました。
たった十数年で大きく変わったFXですが、次はどのような変化が起こるのでしょうか。