為替が最も動く時間帯

為替マーケットは24時間動いていますが、値動きが活発な時間帯と、そうでない時間帯があります。
24時間、常に監視することは事実上不可能ですし、特徴は知っておいた方が取引に有利です。

取引量の多い時間帯ほど為替変動が起こりやすい

為替レートは、通貨の需要と供給のバランスによって、随時変動します。
買う人の方が多ければ値段は上がりますし、売る人の方が多ければ値段は下がります。

買う人の方が多かったとしても、それがごくわずかであれば、変動もごくわずかにしかなりません。
買う人の方が圧倒的に多ければ、変動もその分大きくなります。

例えば、ある時間帯で、ドルを買いたいという人が10人、売りたい人は9人しかいないとします。
この場合、「買い」のほうが多いですが、たったの1人ですのでレートにはそれほど影響しません。

ですが、今度は違う時間帯で、買いたい人が10万人、売りたい人が9万人いたとします。
先ほどと人数の比率は同じですが、今回は「買い」のほうが、1万人も多くいることになるので、先ほどよりもレートは動きやすくなります。

このように、為替相場は取引が活発に行われる時間帯ほど変動しやすい特徴があります。
厳密にいうと、取引人数ではなく取引量に関連するのですが、取引する人が多くなれば必然的に取引量も増えていきます。

取引量の多い時間帯

それでは、為替取引が最も活発に行われる時間帯を考えてみましょう。
為替取引は日本国内だけではなく、世界中で行われているので、世界に目を向けて考える必要があります。

世界3大市場といわれているのは、取引量の多い順に、ロンドン市場・ニューヨーク市場・東京市場です。
各国には、それぞれ時差があるので、この3大市場が全て開いている時間帯はないのですが、「ロンドン市場と東京市場」「ロンドン市場とニューヨーク市場」でそれぞれ重なる時間帯があります。

ロンドン市場と東京市場の重なっている時間帯は、日本時間でいうと夕方にあたり、この時間帯は日本以外にも香港やシンガポールの市場もまだ残っているので取引は盛んに行われます。

次に、ロンドン市場とニューヨーク市場の重なっている時間帯ですが、この時間帯は1日の中で最も活発に取引が行われる時間帯です。
日本時間でいうと、午後9時~午前2時にあたります。
取引量が多いので値動きも激しく、デイトレ派に最も好まれている時間帯です。
この時間帯は、米国の経済指標の発表がされることも多く、為替を動かす要因のひとつになります。

取引量の少ない時間帯

取引量の最も少ない時間帯は、日本時間の早朝です。
世界3大市場の、ロンドン市場、ニューヨーク市場、東京市場は開いていませんし、この時間帯に開いている市場はオセアニア勢の市場です。

オセアニアの市場というと、オーストラリアのシドニー市場やニュージーランドのウェリントン市場がありますが、世界3大市場と比べると規模も小さいですし、他国の市場がまだ開いてないため、取引量も少く為替変動は起こりにくい時間帯です。