インターバンク市場と対顧客市場

外国為替市場には、インターバンク市場と対顧客市場の2つの市場が存在します。
両者とも為替取引を行う場ではありますが、取引の仕組みや条件は大きく異なります。

インターバンク市場について

インターバンク市場とは銀行間で為替取引が行われている市場のことです。
市場といっても、どこかに取引所のようなものがあるわけではなく、電話やインターネットなどの取引で構成されている市場です。
100万ドルがインターバンク市場の最低取引単位となっており、多くの金額が取引されています。

世界三大市場と言われているのが、ロンドン市場、ニューヨーク市場、東京市場です。
日本で真夜中の時間帯は、日本の銀行は稼動していませんので東京市場には動きはありませんが、その時間帯はニューヨーク市場が動いている時間帯です。
反対に、ニューヨーク市場が眠っている時間帯は東京市場が活発に動いていたりなど、世界の市場には時差があるので、24時間常にどこかの市場は開いています。
そのため、取引は24時間行われており、為替レートも刻々と変動していきます。

FX業者の為替レートは、このインターバンク市場の為替レートをもとに提供されています。
インターバンク市場の為替レートが変動するたびに、FX業者のレートも変動され、リアルタイムで変動していきます。

といっても、インターバンク市場のレートをそのまま顧客に提供しているのではなく、FX業者側の利益などが若干上乗せされたレートになります。
FX業者の為替レートは業者によって様々です。
なお、テレビのニュースなどで言われている為替レートは、このインターバンク市場の為替レートなので、FX業者の為替レートとは若干の違いはあります。

また、先ほども説明したように、インターバンク市場は24時間常にどこかが開いているので、FXは24時間いつでも取引が可能です。
株式投資であれば、株式市場が開いている午後の3時までしか取引は出来ませんが、FXは24時間どこかの市場が開いているので、24時間いつでも取引が出来ます。

対顧客市場について

インターバンク市場は主に銀行間の取引のことを指しますが、顧客が銀行と取引を行う市場のことを対顧客市場といいます。
対顧客市場における為替レートは、毎日午前10時ごろにインターバンク市場の為替レートをもとに、決められています。
こちらも、インターバンクレートがそのまま適用されるのではなく、銀行側の利益などが上乗せされた為替レートになります。

FXはインターバンクレートに近い為替レートにリアルタイムで随時修正されていきますが、対顧客市場の為替レートは1日に1度決められると、その後はインターバンク市場の為替レートによほどの変動がない限り、変更されることはありません。

FXでも銀行でも取引は出来ますが、FXの方が取引には有利です。
なぜなら、コストが全然違うからです。
業者によって若干の差はありますが、FXだと大体、買値と売値の差は1ドルあたり2銭(0.02円)くらいです。
それに比べ、銀行は、買値と売値の差は手数料なども含めて考えると、1ドルあたり2円くらいのコストが発生してしまいます。