中央銀行の為替介入

中央銀行等、通貨当局による為替介入は、外国為替相場に影響を与え、通貨を安定させるために効果があるといわれています。
中央銀行による為替介入がどのように行われるのか、その仕組み等を知っておきましょう。

為替介入とは

為替介入(外国為替市場介入)とは、外国為替相場に影響を与えるために、中央銀行等が外国為替市場で通貨間売買を行うことをいいます。
「外国為替平衡操作」というのが正式な名称です。

中央銀行に外国為替市場介入について形式上の権限はありますが、実際には財務省が介入支持を出し、中央銀行が介入を実施するという形になります。
中央銀行である日本銀行が、財務大臣の指示を受け、財務大臣の代理人として為替介入を行うということです。

為替介入の方法

急激な円高に対応するためには、円売り外貨買い介入を行い、急激な円安になれば円買い外貨売り介入を行い、相場変動を小さくし通貨安定をはかります。
為替介入を実施する際には、「外国為替資金特別会計」を使います。

円売り介入の場合は、財務省が政府短期証券(通称FB)という国債を発行して円資金を調達し、その資金を売って外貨を購入します。
政府短期証券の発行限度枠は、毎年国会にて決定しますので、限度があるということになりますが、発行限度額以上に為替介入が必要となった場合、補正予算等によって限度枠の増枠が行われますから、事実上、限度枠に上限があるとはいっても為替介入ができなくなるということではありません。

反対に、円買い介入の場合は、保有している外貨を売って円を購入します。
実際にどれだけの介入が行われているかは、財務省の「外国為替平衡操作の実施状況」で公表されています。

為替介入の効果は?

為替相場を動かす、安定させるために最も効果的であり、即効性が高いといわれているのが、為替介入だといわれています。
意図的に為替相場を操作できる為替介入ですが、中央銀行である日本銀行は、2004年4月以降、為替介入を行っていません。

日本銀行は、2003年から2004年の間に、総額で35兆円程度の為替介入、円売り介入を行い、相場が円高から円安へ転じる・・・はずでしたが、さらに円高という結果になりました。
円売りしても円安にならなかった・・・ということです。
その後、為替介入を中断してから、相場が反転、円安へと傾きました。

この結果によって、「為替介入の効果が本当にあるのか?」という疑問が生まれたことも事実ですが、為替介入、中断のポイントをうまく見極めることが重要だということも物語っています。