レバレッジとは?

レバレッジとは、日本語に訳すと「てこの原理」という意味になります。
学校の授業でも学びましたが、てこの原理とは少ない力を加えるだけで大きな力を呼び起こすことが出来るというものです。

扱い方によっては危険性もあるので、初心者であっても最低限覚えておくべき用語です。

レバレッジについて

例えば、1万ドルを買うとしましょう。
1ドル=100円とすると、1万ドル買うには100万円が必要です。

ここでレバレッジを使うと、100万円を用意しなくても、半分の50万円や1/10の10万円といったお金を証拠金として預けるだけで、1万ドル(100万円分)の取引をすることが可能になります。

証拠金を50万円とし、100万円の取引を行った場合は、レバレッジの倍率は2倍ということになります。
計算方法としては、次のようになります。
100万円(取引金額) ÷ 50万円(証拠金)= 2(レバレッジ倍率)

他にもいくつか例を挙げると、次のようになります、
証拠金が10万円で、100万円の取引をした場合は、レバレッジは10倍
証拠金が1万円で、100万円の取引をした場合は、レバレッジは100倍

では、証拠金が100万円で、100万円の取引をした場合は・・・?
この場合はレバレッジを掛けていないことになります。
レバレッジ1倍とも表現します。

レバレッジを掛けることによって、自分が用意した証拠金の何倍もの大きな金額の取引を行えるようになります。
業者によっては、200倍や400倍といった高いレバレッジを設けているところもあります。
もちろん、業者が提示しているレバレッジは最大の倍率を提示しているだけなので、それ以下の倍率を選ぶことも可能です。

レバレッジはスワップ金利にも影響する

1ドル=100円のときに、100万円の証拠金を用意して、100万円分のドルを買ったとしましょう。
次の日に1円の円安になっていれば、1万円の収益です。
もし、レバレッジを10倍にして1,000万円分の取引を行っていれば、収益も10倍の10万円になります。

このように、レバレッジを10倍にして取引金額も10倍にした場合、為替差益も10倍になりますが、スワップ金利についても同様です。
1日に得られるスワップ金利が100円なのであれば、レバレッジを10倍にして取引金額も10倍にすれば、スワップ金利も10倍の1,000円になります。

高金利通貨の場合、ポジションを保持しておくだけで、どんどんスワップ金利が発生していくので、1年間保有しておくと結構な金額になります。

レバレッジに伴うリスク

レバレッジは用意した証拠金を元に、その何倍もの金額の取引が出来るようになるので魅力的ではありますが、それは為替がプラスに動いている場合の話です。
当然、反対の結果になることだってあるので、リスクのことは常に考えておきましょう。

為替差益狙いではなく、スワップ狙いだったとしても同じことが言えます。
いくら、スワップ益が貯まったとしても、それ以上の為替差損を受けてしまうことだってあるわけです。

レバレッジは高ければ高いほど、リスクも高くなります。
為替がマイナスに動いていて、いつか復活することを期待して待ち続けていても、証拠金が足りなくなればロスカット(強制的に決済)されます。
・・・というとロスカットは邪魔者みたいに聞こえるかもしれませんが、むしろ個人の損失を一定の範囲に抑えるためのものです。

為替が落ち続けると、通常であれば強制的にロスカットされて終わりなのですが、為替がガクッと急落する場合もあるわけで、それに加えてレバレッジ400倍などという設定をしていると、損失額も膨れ上がり、あらかじめ預けている証拠金だけでは足りず、追加で損失額を支払う必要さえ出てくることもあります。

リスクはレバレッジの倍率だけで判断しない

レバレッジの高い設定をすると、リスクもそれだけ高まります。
これはFX業者のサイトやFX関連の書籍でも、よく言われていることです。

では、次のうち、どちらのほうがリスクを抱えていると言えるでしょうか?
100万円の証拠金でレバレッジを掛けずに100万円分の取引を行う。
1万円の証拠金でレバレッジ100倍にして100万円分の取引を行う。

「レバレッジの高いほうがリスクが高いって、さっき聞いたような・・・?」
いえいえ、この場合は両者とも100万円分の取引をしているので、リスクは同じだけあります。

取引金額が同じなので、為替がマイナスに動いても損失額は同じです。
ですので、レバレッジを高くするとリスクも高くなるとよく言われますが、正確に表現すると取引金額が高くなればリスクも高くなるということです。

自分で用意した金額が少なかったとしても、取引金額が高ければリスクも高くなります。
1万円の証拠金を用意して、100万円分の取引をすると、何だか自分は1万円のリスクしか背負っていないような認識を持ってしまいがちですが、100万円分の取引をしていることには変わりありません。

レバレッジの倍率を考える

レバレッジの倍率は、メリットばかりに意識を奪われず、リスクのことも考えながら決めてください。
また、貯金や取引金額のことも考えてみてください。
例えば、100万円の貯金がないのに、100万円以上の取引をするのは、妥当でしょうか・・・?

慣れないうちは低めに設定しておいたほうがいいでしょう。
個人的には、2倍~5倍くらいの設定がちょうどいいと思っています。