直近のデータを重要視する「MACD」

MACDは、Moving Average Convergence and Divergence(移動平均収束拡散指標)の略で、一般的に「マックディー」と読まれます。

基本的に上昇トレンドと下降トレンドを見るトレンド(順張り)系の指標で、ごく一般的な移動平均線に良く似ています。
違うのは「5日前の相場より、1日前の相場を強く反映させる」という点で、直近の値動きに敏感に反応します。

また、買われすぎ売られすぎを表すオシレーター(逆張り)系の指標としても、並行して機能しているのが特徴です。
ゼロを基準に、「MACD」とMACDを更に移動平均化した「シグナル」という2つの折れ線グラフで描画されます。

基本的な見方

以下のような場合、相場は上昇トレンドとなります。

・ MACDの傾きが右肩上がり
・ シグナルよりMACDの方が上にある
・ 両方の線が基準のゼロより上にある

逆の場合は、下降トレンドを示します。

売買サイン

トレンドの転換を見極め、その流れに乗るように使います。
一般的な移動平均と同じく、MACDがシグナルを下から上につきぬけた時点(ゴールデンクロス)が買いサイン。
ゼロより下、より低い位置でクロスするほど、強いトレンドが期待できます。
逆に、MACDがシグナルを上から下につきぬけた時点(デッドクロス)が売りサインです。

また、MACDとシグナルの差を、MACD2(またはOSCI)と呼びます。(MACD2 = MACD - シグナル)
MACD2には2つの使い方があります。
まず1つめは、ゼロより下の位置から上につきぬけた時点が買い、逆にゼロより上の位置から下につきぬけた時点が売りというもので、実際には上記MACDの使い方と全く同じタイミングで売買をすることになります。

もう1つは、MACD2の傾きを利用するもので、右肩下がりから右肩上がりに変わった時点で買い、逆に右肩上がりのグラフが右肩下がりに折れた時点が売りとなります。
後者の方が、より早くシグナルを出しますが、その分だましも多くなりますので注意が必要です。

トレンド相場向け

MACDは優秀で敏感ではありますが、移動平均を使うという仕組みから、シグナルの点灯がやや遅くなる傾向があります。
つまり、MACDを使う場合、トレンドが転換した後、そのトレンドが長く続いてこそ利益が多くなります。
逆に言うと、短期間で上昇と下降が入れ替わるボックス相場では、動きが早すぎてついていけない場合があるのです。

また、入口には強いが、出口戦略に弱いという意見もあります。
MACDだけに頼らず、他の指標も十分に参照しながら、トレードを行なって下さい。