各月の相場の傾向

各国の決算期や習慣に違いがあるため、為替相場もその影響を受けることがあります。
一般的な傾向として頭に入れておきましょう。

1月

日本は正月気分ですが、多くの欧米企業は期首にあたり、1年のスタートという感覚が強い月です。
そのためか、1月の相場傾向は、その1年の相場と一致することが多くあります。

2~3月

円高傾向が強くなります。
これは、日本企業に3月決算が多く、海外に出ていた資金を一旦国内に戻す円買いの動き(レパトリエーション、レパトリ)が活発になるためです。

4~5月

円安傾向が強くなります。
これは、決算を終えた日本企業が新年度を迎え、新たな海外投資を行なうために円を売って外貨を買う動きが活発になるからです。
また、4月下旬から5月上旬は日本のゴールデンウィークにあたり、円高の時ほど海外旅行資金の実需が出てきやすくなります。

6月

やや円安傾向です。
欧米企業が半期の決算を迎え、自国通貨を買い戻す動きが出ます。

7~8月

北半球がサマーバケーションのシーズンに入り、参加者が目に見えて減るため、市場は閑散とします。
ただし、参加者が少ないだけに、ちょっとした動意でも大きな値動きにつながることがありますので、遊びに行く時にはポジションを整理しておくなり、ストップを設定しておくなりの対策をしておきましょう。

9月

やや円高傾向です。
日本企業が半期の決算を迎え、円を買い戻す動きが出ます。

10月

特にイベントはなく、嵐の前の静けさの月です。

11月

ダイナミックな傾向のある月です。
感謝祭あたりから、米国は早くも1年の締めに入り始め、利益確定のポジションクローズ(反対売買)が出るなど、大きく相場が動きます。
更に後半からは、12月決算を迎える欧米企業が自国通貨を買い戻すレパトリの動きも活発になります。

12月

初旬は、11月に引き続き欧米企業の自国通貨買いが見られますが、取引量は次第に先細りになります。
キリスト教国ではクリスマス休暇を重視するため、中旬には参加者が激減し、「クリスマスに取引しているのは負けトレーダー」とも言われます。
また、決算を前に大きく相場が動くことを嫌って、小さな値動きに終始しがちです。

注意点

なお、これらを先取りして動く投資家もいますし、より強いトレンドが発生している時には、上記のような傾向は簡単に吹き飛ばされてしまいます。
あくまでも動意の1つくらいにとらえておきましょう。