注文方法の種類

FXには様々な注文方法があります。
初めのうちは聞いたこともないような用語があって、ややこしいと感じてしまうでしょう。
しかし、FX業者もシステムにあえてややこしい機能を付けているのではなく、むしろ顧客に楽をしてもらうために作られているのです。

どのような機能があるかというと、注文を出す際に「買う・売る」だけではなく、「いくらになったら買う・売る」といった注文の予約ができます。
予約にも様々な条件を設定できるため、初めはややこしく感じてしまうかもしれませんが、使いこなせば自動売買してくれて便利ですしリスク回避にもなります。

成行注文

現在の為替レートで売買を行うことです。
一番、シンプルな注文方法です。

指値注文(リミット注文)・逆指値注文(ストップ注文)

指値と逆指値は、あらかじめ値段を指定しておき、その値段になれば売買を行うというものです。
指値と逆指値の違いですが、指値は今より有利な値段を指定するのに対し、逆指値は今より不利な値段を指定します。

現在のレートが、1ドル=100円だとした場合、次のような注文を出すことが可能です。

<例:指値>
1ドル=99円まで下がれば買う
1ドル=101円まで上がれば売る

<例:逆指値>
1ドル=99円まで下がれば売る
1ドル=101円まで上がれば買う

両者とも、新規ポジションに指定することも出来ますし、保有ポジションに指定することも出来ます。
指定した値段になれば、自動で売買が行われますので、画面に張り付く必要はなくなります。

なお、これより次の注文機能は、指値・逆指値をベースに機能追加されたようなものです。

IFD注文(イフダン注文)

IFDは「IF Done order」の略で、「もし、注文が成立すれば」という意味です。

指値・逆指値注文は、1つの注文を出すのに対し、IDFは指値または逆指値で2つの注文を同時に出します。
1つ目の注文が実行されれば、2つ目の注文が予約として受け付けられます。
1つ目の注文が実行されない限り、2つ目の注文は実行されません。

<例:利益を確定させたい場合>
1)1ドル=100円まで下がれば買う(指値)
2)1ドル=101円まで上がれば売る(指値)

<例:損失を限定させたい場合>
1)1ドル=100円まで下がれば買う(指値)
2)1ドル=99円まで下がれば売る(逆指値)

OCO注文

OCOは「One Cancels the Other order」の略です。
あらかじめ2つの注文を、指値または逆指値で同時に出しておいて、一方の注文が実行されれば、もう片方の注文はキャンセルされるという注文方式です。

<例:買いポジションを持っている場合>
・ 1ドル=101円まで上がれば売る(指値)
・ 1ドル=99円まで下がれば売る(逆指値)

IFO注文

IFOはIFDとOCOを組み合わせた注文方法のことです。

1つ目の注文を出し、その注文が実行されれば2つ目の注文がOCOとして受け付けられます。
IFDと似ていますが、IFDは2つ目の注文が指値または逆指値でどちらか1つしか注文を出せないのに対し、IFOは2つ目の注文を指値・逆指値の両方で出すことが出来ます。

<例>
1)1ドル=100円まで下がれば買う(指値)
2)「1ドル=101円まで上がれば売る(指値)」 or 「1ドル=99円まで下がれば売る(逆指値)」

期日指定注文

その名の通り、期日を指定して行う注文です。
指値や逆指値のような注文を予約するものに対して、その注文予約をいつまで有効とするかを指定します。
当日、5日後、無期限、など指定できます。

注文が実行されるためのレートにならず、指定した期間を過ぎると、予約している注文は無効となります。

トレール注文

トレール(trail)とは、「引きずる」という意味です。
逆指値と似ているのですが、逆指値は指定した値段が固定なのに対し、トレールはレートに合わせて逆指値価格を自動的に修正していきます。

<例>
買いポジションを持っていて、1ドル=100円のときに、トレール幅を3円と指定
※逆指値価格は97円になる

1ドル=105円に上昇
※逆指値価格は102円になる

1ドル=103円に下降
※逆指値価格は102円のまま

1ドル=110円に上昇
※逆指値価格は107円になる

1ドル=108円に下降
※逆指値価格は107円のまま

1ドル=109円に上昇
※逆指値価格は107円のまま

1ドル=107円に下降
※現在の逆指値価格と同じ価格なので決済される

この場合、トレール注文を行った時点からの最高価格が更新されるたびに、逆指値価格も更新されていき、一度設定された逆指値価格は上がることあっても、下がることはありません。