勝率にはこだわらない

あなたがFXを始めるようになった(もしくは始めようと思った)キッカケは何でしょう?

「為替に興味があったから?」
「経済に詳しくなりたかったから?」
「知的っぽく思われたいから?」

色んな理由があるかもしれませんが、大半の人は利益を得るためでしょう。
決して勝率が最終地点の目的ではないはずです。

勝率が上がれば利益も上がると思われるかもしれませんが、必ずしもそうとは限りません。

勝率ではなく利益にこだわる

勝率9割のトレーダーと、勝率1割のトレーダー、どちらのほうが利益を上げていると思いますか?
普通に考えると、勝率9割のほうが利益を上げているように思います。
しかし、勝率だけではどちらが利益を上げているかは判断できません。

例え9勝1敗でも、1回の負けで今までの利益を失うことだってあります。
逆に1勝9敗でも、毎回の損失を小さく食い止めていれば、たったの1勝でプラスになる事もあります。

仮に、もし勝率だけにこだわるのなら、マイナス時はポジションを決済せず、相場が元に戻るまで辛抱強く待てば勝率はおのずと上がるでしょう。
しかし、辛抱強く待つといっても、評価損が膨らみ過ぎるとロスカットに引っかかってしまいます。
これでは、1回の負けで今までの利益を全て失うどころかマイナスになることも考えられます。

「為替は生き物」と言われてるくらいです。
プロのトレーダーだって、負けることはよくあります。
為替に絶対はないのですから、1回の勝ち負けを重視せず長い目で取引を考えるようにしたほうが良いでしょう。

負けを取り戻そうとしない

誰だって負けるのは嫌いです。
負けず嫌いの気持ちがあればあるほど努力も行うようになり、次第に結果もついてくるようになります。
しかし、FXではその負けず嫌いの面が、危険を及ぼす可能性があります。

「利益を得るためにFXをしているのに、逆に損失を出してしまった。」
「何としても取り戻そう。」

このような考えから、研究や分析に力を入れるのであれば良いのですが、すぐにでも取り戻そうとむやみに取引を行うのはよくないことです。
冷静な判断も出来ないまま取引を進めてしまうと、後で後悔する結果になってしまう可能性が高いです。

たまたま上手く行くことはあっても、長続きはしないやり方です。

負けを小さくすることが重要

負けを取り戻そうとしないためには、メンタル面も重要になります。
しかし誰だって負けてしまうと、取り返したくなる気持ちになって当然です。

これを防ぐには、負けたときの損失額を小さくすることです。
多少の損失であれば、例え負けでもそれほど気にならないはずです。

取引を行う前にルールを決めるなどして、相場がマイナス方向に進んでいるときは、早めの損切りを心がけるようにしたほうがいいでしょう。
タイミングを逃してしまい評価損が膨らんでいくと、なおさらタイミングを計るのが嫌になります。

こんなときは、逆指値注文(ストップ注文)が有効です。
自分が指定した値段までマイナス方向に動けば、自動的に決済してくれるので迷う必要もありません。
急な為替変動があったときも、自動的に決済してくれるのでリスク回避にもなります。

もちろん、早めの損切りは勝率を低くすることになります。
しかし、冒頭でも述べたように一番大事なのは利益ですから、例え勝率が低くても利益を出すことが出来れば何の問題もないはずです。