FXは売りからでも始められる

FXは、買いからでも売りからでも始めることが出来ます。
「米ドル/日本円」であれば、買いは「日本円を売って米ドルを買う」ということ、売りは「米ドルを売って日本円を買う」ということです。

日本円しか持ってなくても、米ドルを売ることが出来ます。
「米ドルを持っていないのに、米ドルを売る・・・?」
持っていないものを売るわけですから、初めての方は戸惑うでしょう。

FXは証拠金取引

FXは証拠金取引です。
ある一定の証拠金を預ければ、その証拠金の範囲内で取引が行えます。

「1ドル=100円」だとした場合、本来であれば1万ドルを買うには100万円が必要です。
しかし、FXではレバレッジを効かせることにより100万円なくても、1万ドルを買うことが出来ます。
10万円しか持ってなかったとしても、その10万円を証拠金として入金すれば、1万ドルを買うことが出来ます。

証拠金取引ですので、「持っていなくても買える」のです。
証拠金さえ用意すれば、取引額の全額を用意しなくても取引が出来ます。
それが証拠金取引です。

ですので、日本円で証拠金を預け、日本円の絡まない「ユーロ/米ドル」を売買することも可能です。

為替差損益の例

参考に、為替差損益について例を出してみます。
「1ドル=100円」のときに、「買い」または「売り」から入った場合の例を出します。

まず、買いから入った場合の例です。
1万ドル買って、「1ドル=105円」のときに売れば、5万円の収益です。
「1ドル=95円」のときに売れば、5万円の損失です。

次に、売りから入った場合の例です。
1万ドル売って、「1ドル=105円」のときに買えば、5万円の損失です。
「1ドル=95円」のときに買えば、5万円の収益です。

見て分かるように、単純に結果が逆になるだけです。

状況に合わせて取引が出来る

FX以外にも、投資には色々あり不動産投資などが存在します。
不動産投資には、購入した物件を賃貸にしたり転売したりする方法があるのですが、ここでは転売を目的とした不動産投資とFXを比べてみましょう。

転売を目的とした不動産投資の場合、これから値段が落ちていくことが予想されたら、まず普通は手を出しません。
「今は不況だから、もうしばらく様子を見よう」と考えるのが普通です。
でも、「不況だから」という理由で待ってても、いつまで待っていればいいのでしょうか。
あと数年で不況が収まるような状況でしょうか。

しかし、FXの場合は売りから入ることも出来るので、為替変動が下がり傾向になっているのであれば、売りから入って収益を狙うことが可能です。
「上がる」と予想しているなら買いから入ることが出来るし、「下がる」と予想しているなら売りから入ることが出来ます。

つまり、どのような状況であろうと収益を狙うことが可能なのです。
どのような状況でも収益が見込めるというのは、FXの魅力のひとつでもあるでしょう。

スワップ金利はマイナスになる

日本円に絡む取引をした場合、例えば、「米ドル/日本円」を売りから入った場合、スワップ金利はマイナスになります。
スワップ金利はプラスになるイメージがありますが、それは外国通貨を買いから入った場合の話であって、売りから入った場合はマイナスになります。

長期計画の場合は、スワップによる損失も膨れ上がっていくことになりますので注意が必要です。