小額取引からはじめてみよう

個人が参加できるFXは、1取引あたり10,000通貨単位(1枚)が基本となっています。
例えば米ドル/日本円(USD/JPY)で10,000通貨単位なら、10,000ドル=100万円(USD/JPYが100円の場合)ですから、かなりまとまった金額が必要なように見えます。

しかし、実はもっと小さい金額からスタートできるのです。
必要金額を少なくするには、大きく2つの方法があり、1つは取引単位を下げること、もう1つはレバレッジを上げることです。

取引単位を下げる

基本は1枚10,000通貨単位での取引ですが、0.1枚1,000通貨単位の取引ができる業者も増えてきました。
USD/JPYなら1,000ドル=10万円くらいで、単純に考えてリスクは10分の1になります。
もし仮に、1ドル100円を中心に80~120円で動くなら、勝っても負けても2万円程度。
万が一、1ドル50円という想定外の事態になったとしても、損失は5万円で済みます。

また、マネーパートナーズのFXnanoなら、0.01枚100通貨単位での取引も可能です。
これだと、値動き1円あたりプラスマイナス100円ですから、慣れるまでの練習などに最適かもしれません。

一方、取引単位を下げると、利益に対するコスト(手数料+スプレッド)の割合が多くなってしまうのがデメリット。
大きな値動きがないと利益が出ないので、小額取引からはじめてコツがつかめてきたら、少しずつ取引量を増やすことを検討しましょう。

レバレッジを上げる

FXの特長は、現物取引に必要な資金ではなく、値動きの差額分だけ用意すれば良いことです。

例えば、USD/JPYで1枚10,000ドルの現物を売買するなら、本来は100万円程度の資金が必要です。
しかし、仮に1ドル100円を中心に80~120円で動くなら、結局はプラスマイナス20万円しか実現しないわけですから、その20万円をカバーできる保証金があれば取引を続けられるはずです。

これを逆に見れば、20万円の資金で100万円分の取引が出来るということにほかなりません。
小さい力で大きい動きを生み出すことから、これをレバレッジ(テコ)と呼び、20万円の保証金で100万円分の取引をするば場合は、レバレッジ5倍となります。

「レバレッジを上げる」とは、この倍率を上げることです。
10万円の保証金で100万円分の取引をするならレバレッジは10倍、4万円の保証金で100万円分の取引をするならレバレッジは25倍です。
レバレッジを上げるほど、必要な保証金が下がっていくことに注目してください。
より小額の資金で取引を始められるわけです。

一方では、レバレッジを上げて必要証拠金が少なくなっても、値動きに対するリスクは全く変わらないことも覚えておかなければなりません。
上記の例の場合、レバレッジ5倍(保証金20万円)、10倍(同10万円)、25倍(同4万円)のいずれも、100万円分の取引をしていることには変わりありません。
USD/JPYなら値動き1円あたり1万円のプラスマイナスになるという点では、すべて同じなのです。

小額取引からはじめる

もし100万円の資金を持ってはじめてFXに参加するとしたら、いくらぐらいから始めるのが妥当だと思いますか?

FXは、マイナスになる可能性もある投資ですから、慣れないうちに大きな金額の取引をするのは危険です。
初めのうちは小さい金額で取引の練習をして、楽しさと同時に怖さも知り、FXのコツが分かってきたら段々と取引量を増やしていくというのが鉄則です。

なお、デモ環境で練習したから大丈夫という人もいますが、仮想取引は全くリスクがないかわりにプレッシャーもありませんから、操作方法の練習をした程度と考えましょう。
小額取引の場合は、金額が小さくても実戦環境ですから、心理状態(特に損失を抱えたときの焦り)はバーチャル取引とひと味違います。
デモ環境の後に、小額取引を挟んでから、大きい取引に進むことをお勧めします。

さて、100万円を持っていた場合ですが、いきなり100万円すべてを投入するのは無謀だと分かるはず。
イチかバチかの丁半博打にFXを使ってはいけません。
10万円~50万円でも、まだ多いです。
その10分の1、持ち資金の1~5%くらいが初回取引に使える金額だと考えてください。