株価と為替相場の関係

FXを少しでも有利に進めていくために、「傾向」を押さえておきましょう。
もちろん、傾向は傾向であって絶対ではありませんが、傾向は知っておいたほうが予想に有利です。

ここで紹介するのは、株価との関連性です。

「株価 = 通貨の価値」の傾向がある

株価が上がれば、通貨の価値も上がる傾向があります。
為替相場は、株価だけに影響するものだけではなく、他にも金利や政治など色んなことに対して影響するものなので、絶対的な関係はないのですが、関連性はあると言えます。

これは、単なる偶然ではなく、ちゃんとした根拠も存在します。

海外投資家の参入

株価と為替相場の関連性についてですが、まず投資家というのは日本国内だけではなく、海外にもたくさん存在します。
ですので、日本の株式市場が好調となれば、多くの海外投資家が、日本の株式市場に参入してきます。

この際、外国通貨では株を買うことは出来ないので、「外国通貨 ⇒ 日本円」へと両替します。
すると、日本円が多く買われることになるので、円高へと進みやすくなります。

今度は反対に、日本の株式市場が不況になれば、株を売って「日本円 ⇒ 外国通貨」へと両替する傾向が強くなるので、円安へと進みやすくなります。

必ずしも、「株価 = 通貨の価値」になるわけではない

ここまで説明してきたのは、あくまでも「傾向」なので、必ずしも「株価 = 通貨の価値」の関係が成り立つとは限りません。
これは、先ほども説明したように、為替変動は様々な要因によって起こるからです。

以前、日本では、株高と円安が同時に起こったことがあります。
これには、日本のゼロ金利政策が大きく影響しています。

日本円の金利が低いと、日本円を保持しようとする人は少なくなります。
銀行にお金を預けておいても金利が低いので、何か別のものに投資をしようとして、好況だった株や金利の高い外国通貨に投資する人が多くなりました。

また、当時は、日本の株式市場は好況でしたので、株式市場に参入する海外投資家は多かったのですが、日本円を購入しようとする海外投資家は、あまりいませんでした。
海外投資家にとっても、自分の国の通貨より、わざわざ金利の低い日本円へと両替しようとは思わなかったのです。
そして、株を買うための日本円の調達は、外国通貨を日本円に両替するのではなく、金利の低い日本で資金を調達し、そのお金で株に投資するようにへと、お金の流れが変わったのです。

そのため、「株価 = 通貨の価値」とはなりませんでした。
このように例外的なケースもあるのですが、基本的には、「株価 = 通貨の価値」になりやすい関係ではあります。