貿易収支と為替相場の関係

貿易が行われると外国とお金のやり取りが発生するので、貿易収支と為替相場には関係性があります。
貿易収支が為替相場にどのような影響を及ぼすのか考えてみましょう。

貿易収支とは?

貿易収支とは、貿易を行った結果の収支を示しているものです。

貿易とは、海外と商品を売り買いすること。
海外に商品を売ることを「輸出」、海外から商品を買うことを「輸入」といいます。

収支とは、収入から支出を差し引いたもの。
収入のほうが大きければ「黒字」、支出のほうが大きければ「赤字」です。

お金の流れだけを見ると、輸出はお金を受け取る側、輸入はお金を支払う側ですから、「輸出額 > 輸入額」であれば貿易黒字、「輸出額 < 輸入額」であれば貿易赤字となります。

貿易収支が為替相場に及ぼす影響

貿易黒字になると通貨は高くなり、貿易赤字になると通貨は安くなる傾向があります。

日本は輸出が盛んな国です。
中でも自動車は主要な輸出品ですので、日本の自動車会社を例に考えてみましょう。

日本の自動車会社が外国に車を売ると、その国の通貨を受け取ることになります。
しかし、外国通貨のままでは、日本国内で使用することができません。
従業員に給料を支払うにも、工場を大きくするにも、日本国内でお金を使うには日本円が必要です。

そのため、外国通貨を日本円に両替します。
すると、外国通貨を売って日本円を買うことになるので、円高になりやすくなるという仕組みです。

過去との比較も重要

貿易収支を為替予想に活かすには、過去の貿易収支と比べるのも重要です。

アメリカの場合、輸出額より輸入額の方が大きいので、貿易収支は常に赤字状態です。
そのため、貿易赤字が拡大しているのか、それとも縮小しているのか、金額のほうに注目が集まっています。
貿易赤字が拡大していればドル安要因になりやすいですし、同じ貿易赤字でも金額が縮小されていればドル高要因になりやすいです。

日本の場合だと、貿易収支は黒字であることが一般的です。
貿易収支が黒字になっているか赤字になっているかだけに注目するのではなく、金額の大小にも注目です。