トレンドラインを引く

チャートの傾向を把握するためにトレンドラインを引く。
これは、これから先、どのくらいまで上がるのか(または下がるのか)、価格の高値と安値のピークを予測し、売買タイミングをつかむためにも必要なことです。

トレンドラインとは?

トレンドラインは、売買タイミングを予測するために有効的な手段となります。
トレンドラインを引くことで、相場の転換時期の目安を知ることができます。

チャート上で過去の高値や安値を直線で結ぶラインを「トレンドライン」といいます。
ロウソク足の下側の安値同士の2点以上が接するように引く線を「サポートライン」、ロウソク足の上側、高値同士が2点以上接するように引く線を「レジスタンスライン」と呼びます。

サポートライン レジスタンスライン

サポートラインは、安値がそれ以上、下がらないように支える線であり、「支持線」とも呼ばれます。
サポートラインでは、「これ以上価格が下がりにくい」ということや、「一時的にここまで下がる可能性がある」ということを示しています。
上昇トレンドだった場合、価格が一時的に落ち込むという状態になっても、その地点で反発しやすくなるので、少しでも通貨を安く買いたいと思うとき、非常に役に立つラインです。

レジスタンスラインは、高値がそれ以上、上がらないように抵抗する線であり、「抵抗線」とも呼ばれています。
レジスタンスラインでは、「これ以上価格が上がりにくい」、「一時的にここまで価格が戻る可能性がある」と予想することができるラインです。
下降トレンドの場合、一時的に上昇の動きを見せていても、レジスタンスラインで跳ね返される傾向にあります。

トレンドラインを引くには、ローソク足のヒゲ部分である高値や安値を結んでいきます。
上昇トレンドラインを引く場合、ロウソク足の下側2点以上が接するように引き、下降トレンドラインを引く場合、ロウソク足上側2点以上が接するように引きます。
3つ4つと、なるべく多くの点を結んでいくと、そのラインの信頼性も増していきます。

トレンドが転換

価格が、トレンドラインを突き抜けることがあります。
これは、新しいトレンドに入った可能性があります。

サポートライン レジスタンスライン

上昇トレンドラインを価格が割り込んだ状態になったら、「売り」が強く、上昇トレンドラインが、下降トレンドラインに変換する可能性を予想できます。
価格が、下降トレンドラインを突き抜けたという場合、「買い」が強く、下降トレンドラインが上昇トレンドラインに変換する可能性を予想できます。

横ばいトレンド

価格がもみ合い状態の為替レートの時にも、トレンドラインが役に立ちます。
トレンドが横ばい状態で継続する場合は、サポートラインとレジスタンスラインの両方が存在することになります。

横ばいトレンド

継続期間が長いほど、継続が切れたときに大きな価格変動が起きる傾向があります。
相場の転換時期の見極めや、大規模な価格変動を知ることができるトレンドラインは、買い時や売り時を知ることができる重要なラインです。