取引時間はいつからいつまで?

外国為替市場は常にどこかが開いているといいますが、FXは24時間365日、いつでも取引できるのでしょうか?

FX取引が可能な時間帯

FX会社によって多少は異なるものの、日本時間で月曜日の朝7:00~土曜日の朝7:00まで(米国が夏時間の時は朝6:00)という条件が多いようです。

24時間、常にどこかの市場が開いている?

外国為替は国際取引です。
日本が深夜でも、米国は真昼間なので、市場は活発に動いています。
また逆に、米国のディーラーが家路を急ぐころ、日本のディーラーは新聞を片手に通勤していきます。

このように、時差に沿って次々と他の国・地域へと移っていくので、為替市場は24時間どこかで取引をしていることになります。

365日、常にどこかの市場が開いている?

土日は、主な市場がお休みになります。
国内で一般個人が参加できるFX取引が、月曜日朝7時~土曜日朝7時を条件にしているのは、そのためです。
日本より時差が早いオセアニア市場が月曜の始業を迎えると取引が始まり、ニューヨーク市場が金曜日の夕方に閉まるとFXの一週間が終わります。

ただし、中東バーレーン市場はイスラム圏なので金曜が休日。
土日は平日にあたっていますので、通常通りの外為取引を行っています。
つまり、ほぼ1年365日、どこかで外国為替市場は開いているのです。

祝日(休日)は?

各国とも、独自の祝祭日があり、その日は市場も閉まります。
しかし、東京市場がこどもの日で休んでいてもロンドン市場は開きますし、ニューヨーク市場が復活祭でお休みでも、ウェリントン市場は開きます。
よって、どこかが祝日で休みになっても、取引の流れが全くのゼロになってしまうことはありません。

ただし、主要市場が閉まっている日・時間帯は、その国の取引相手もいないので、相場が動きにくくなる傾向があります。
また参加者の減少は、どうしても取引量の減少につながりますので市場に活発さはなくなります。
FX取引を行う際には、スプレッドの拡大となって収益に直結してきますので、頭に入れておきましょう。

なお、世界各国の市場がほぼ共通で休みとなる、元旦とクリスマスは、事実上の閉鎖状態となります。